嬉美(きび)の食卓

「嬉美(きび)の食卓」とは?

長野県で初!
日本中医食養学会の登録機関として
薬膳教室を開講します「嬉美(きび)の食卓」です。

「嬉美の食卓」は

中医学をベースにした正しい薬膳の知識をお伝えするために
薬膳講座を開講することになりました。


中国の伝統医学である中医学の歴史は、
数千年にも及ぶと言われています。
その中の食養生である薬膳も
中医学の理論から作られ、
長い年月を経て現在まで続いてきました。

「薬食同源、医食同理」、

健康維持や不調の改善などを
食事から考えていくのが薬膳です。

体系立てて学ぶことで
本来の薬膳を知ることができます!


薬膳というと、
「漢方薬が入った独特なもの」
そんなイメージがあるかもしれません。
けれど、中医学に基づいて作られたお料理は
不思議とおいしいのです♪
この、「おいしい」がとても大切です。
おいしく楽しく食べることで、食べるものの力を取り入れることができるのです。


薬膳初級講座では、
中医学の理論を基本からお伝えします。

日本中医食養学会の登録機関である当教室は
資格取得を目指していらっしゃる方に
「中医薬膳指導員」資格の受験資格が得られ、
さらに、中級から上級へのステップアップが可能となります。

ご一緒に薬膳の学びを始めましょう!

《お問い合わせ先》
長野県長野市南長池944-1 アッサンブラージュ内(※営業日:水・木・金)
嬉美(きび)の食卓 事務局
TEL&FAX 026-243-1149
お申込みフォーム」からもお問い合わせ可能です。お気軽にどうぞ。



更新情報・お知らせ

2019/03/20
2019年度の募集を開始しました。【お申し込みフォームNEW
2019/03/10
2019年度の募集は、3/20より開始いたします。
2018/06/01
2018年度の募集は締め切りました。
2018/04/20
薬膳教室申し込みを開始しました。
2018/04/01
ホームページを公開しました。
ながの薬膳教室 嬉美の食卓

薬膳とは?

薬膳という言葉、
最近は良く耳にするようになってきました。
薬膳料理を提供するお店も増えてきたようです。
この薬膳、本当の意味をご存知ですか?

薬膳をひとことで言うなら、
「中医学の理論に基づき調理されたお料理で、
病気の予防や回復、健康になることを目的にして作られたおいしいお料理」のことです。

「中医学」とは、中国で発展した伝統医学のことを言います。

その中の「食養生」に当たるのが、薬膳です。


薬膳のお料理は、大きく二つに分けることができます。
一つは季節に合わせて作る、季節の薬膳。
そしてもう一つは、一人一人の今の状況を知り、
体調に合わせて作るオーダーメードのお料理。

どちらも中医学を基にする理論から作られています。

ですので、中医学の理論を学ぶことで
薬膳を知ることができるのです。

薬膳の素材や生薬(漢方薬に使う植物など)が入っているお料理が
薬膳料理ではありません。
クコの実や山薬(山芋)は薬膳の素材ではありますが
これらが入っているから薬膳ではなく、
理論に基づき、季節や体調に合わせて食べ物を組み合わせることで、
身体を健やかに保つことができるのです。

薬膳を学ぶことで、
身近な食材の組み合わせを最大限に生かし、
日々の体調を整え、季節の特徴にあった食生活が送れるようになります。

薬膳は中医学の基礎を学ぶことから、
難しい言葉も多く、独学が難しいと言われています。
これまで本格的に学習するためには地方には教室が少なく、
東京まで通うのは時間的にも費用の面でもなかなか大変でした。
今回、長野県で開講することで
より身近で、中医薬膳を学んでいただけます。


「嬉美の食卓」では、学んだことをすぐに実践していただけるよう、
わかりやすくお伝えします。
この講座を通し、健やかで美しく過ごすための「食」のお手伝いができれば幸いです。

講座のご案内

【中医薬膳初級講座】
6月から11月までの半年間、
基礎からじっくり学んでいただく講座です。

期間:6月~11月までの半年間(全12回)
時間:10時~16時(途中1時間の休憩があります)
会場:しあわせやスタジオ
   長野県長野市若穂綿内8760 しあわせ家 田尻木材(株)様 レンタルスタジオ
料金:受講料   142560円
   テキスト代  7880円
   合計    150440円(税込 テキスト2冊 実習費含む)
   ※受講料は事前にお振込みをお願いしております。
定員:10名
受講資格:☆学歴・年齢・国籍等は問いません。
     ☆薬膳に興味のある方、意欲のある方の受講をお待ちしています。

2019年 中医薬膳初級講座カリキュラム

  午前(10時~12時半) 午後(13時半~16時)
第1回 6月2日(日) 中医学概論 陰陽五行説
第2回 6月16日(日) 気血津液 蔵象学説(1)
第3回 7月7日(日) 蔵象学説(2) 病因・病機
第4回 7月21日(日) 中医営養学 薬膳学
第5回 8月4日(日) 実習 弁証施膳
第6回 8月25日(日) 基礎理論まとめ 診断学
第7回 9月1日(日) 八網弁証 気血津液弁証
第8回 9月15日(日) 臓腑弁証(1) 臓腑弁証(2)
第9回 10月6日(日) 実習 生薬学
第10回 10月20日(日) 方剤学 薬膳に使える生薬
第11回 11月17日(日) 施膳トレーニング 施膳トレーニング
第12回 11月24日(日) 薬膳茶&スイーツ+施茶 まとめ


◆薬膳の資格習得を目指す方へ
①薬膳アドバイザー資格
  40時間受講いただいた方。試験はありません。
  申請料が別途必要となります。
  認定証書が送付されます。

②中医薬膳指導員®/中医薬膳調理師の認定試験
  初級講座を50時間以上受講された方に、受講資格が与えられます。
  本講座終了後、受験対策セミナー10時間の参加が必要となります。
  受験対策セミナー及び試験は東京での開催となります。

☆中医薬膳指導員®/中医薬膳調理師の資格を取得された方には
「国際中医薬膳師」にステップアップする道が開かれます。
(「国際中医薬膳師」は、日本で取得できる薬膳の資格の最高位の資格です)

☆資格取得に関しましては、「日本中医食養学会」のホームページ(https://syokuyou.jp/shikaku/)も合わせてご覧ください。

注意事項
☆ご納入いただきました講座費用はご返金できませんので、最後まで続けられるかどうかをご検討いただいてから、お申込みください。 途中で中断する可能性のある方はご遠慮くださいませ。
☆申し込み多数の場合は締め切りますので、ご注意くださいませ。

ペットのための薬膳

愛犬・愛猫を家族として、大切にされる方が増えてきました。
当然のこととして、ペットの食事を大切に思う方も増えてきたと実感しています。
現在、犬や猫の食事はペットフードが主流です。
けれど、加工食品としての疑問も多く聞かれるようになりました。

ペットにも薬膳ごはんを!

薬膳の知識は、家族としての犬や猫にも生かすことができます。
身体は食べたものでできています。
これは人だけでなく、
犬や猫も同じです。

では、どうやって薬膳をペットのごはんに利用したらいいのでしょうか?

愛犬・愛猫のごはんは、手作りすることができます。

家で作れば、食材は人用のごはんと同じ食材を使うことができます。
煮たり、蒸したり、焼いたり、サラダごはんだったり。
人と同じ調理方法を選ぶこともできます。
そして、薬膳の知識を生かして
健康に役立つごはんを作ることができるのです。

手間がかかるとご心配の方にも、
簡単に作り、保存して、
毎日のごはんに利用できる方法があります。
人のごはんにも応用できる簡単でおいしいごはんをご案内します。

ペット食育協会®で11年間、
ワンちゃん、猫さんのごはんについてお伝えしてきました。
ペットさんとの食事の時間は、大切なコミュニケーションの時間につながります。
ペットさんの笑顔が、
きっと飼い主さんの力になってくれると信じています。

ペットの薬膳料理教室の詳しいことは、
フェイスブック「嬉美の食卓(https://www.facebook.com/kibinoshokutaku/)」にて、日程等をご案内しております。
あわせてご覧ください。

お問合せはお気軽に!

薬膳料理教室

季節の薬膳料理や、薬膳茶をご紹介する1day講座を開催しております。
Facebook「嬉美の食卓(https://www.facebook.com/kibinoshokutaku/)」にて、日程等ご案内しております。
あわせてご覧ください。

お問い合わせはお気軽にどうぞ♪

お申込み・お問い合わせ

下記フォームに必要事項を入力後、確認ボタンを押してください。

事務局より直接ご連絡させていただきます。
資料をお送りしますので、メールアドレス、ご住所にお間違いがないようご確認ください。
こちらにお問い合わせが届いた後、3日以内にご連絡させていただきます。
メールがない場合はご連絡が届いていない可能性があります。
お手数をおかけしますが、再度ご連絡いただきますようお願いいたします。

ご用件
お名前 ※必須
ご住所  ※必須
Mail(半角) ※必須
性別 男 
お問い合わせ内容
(空白可)

 

※IPアドレスを記録しております。いたずらや嫌がらせ等はご遠慮ください